イメージ画像

彼氏いない歴=年齢の処女って知ったら男性は重いのですか?

個人差はあるとは思いますが、TOSHIは若い頃も今も彼氏いない歴=年齢の処女で独身という事実が重いと感じたことは本音を言っても一回もありません。

男性はそこまで処女であるということや交際経験がないを、重く捉えていないのではないでしょうか?

逆に女性は男性が童貞であることや初めの相手であることを重く捉えるでしょうか?

それを知ったら、彼氏は好きな気持ちが冷めて恋愛が出来なくなるのでしょうか?

ヤラミソの処女は焦りは禁物

TOSHIはそれで終わってしまうような相手はそれまでと考えればよいと思っています。

ほとんどの男性が、彼氏いない歴がどれくらいかよりも、あなたを知りたい!簡単に言えばセックスをしたいという気持ちが勝つのではないでしょうか。

もちろん、処女であることの告白の仕方にもよりますが、否定的に女性が捉えていれば男性も「なんかそんなに重く考えているか」と言う風になってしまうのではないでしょうか。

TOSHIも男性との性行為では、女性側ですので、言うならば、やらみその30代の処女の気持ちは多少わかりますが、最初は怖いという気持ちよりも、嬉しさの方が勝ってしまっていました。

彼氏が欲しい社会人の女性の心理が全く一緒とは思いませんが、楽しんだり嬉しいという気持ちで居れば交際経験がないバージンであろうと出会いがない状況だろうと、恋人への気持ちは変わらないということです。

彼氏が欲しい女性は自分が処女であるという羞恥心や劣等感は捨てるべき

今までTOSHIは、たくさんの彼氏が欲しい処女の女性の相談も受けたことがありますが、ほとんどの方がバージンであることを恥ずかしいと思っていたり、男性との出会いがない交際経験がないことに劣等感を感じています。

はっきり言って、それほど無駄なことはありません。

何故なら彼氏が本心から欲しいなら、そのようなネガティブな気持ちは必要ないからです。

逆に処女であることをメリットとして捉えましょう

逆に言えば、TOSHIは処女の独身の女性はそれを言い訳にしているような部分も多く見られます。

男性の恋愛の経験がないから、社会人で彼氏いない歴=年齢の処女だからわからない、何も動けないと言っているように聞こえることがあるのです。

もちろん、これはTOSHIの勘違いかも知れませんが、ほとんどが勇気を出して行動をすれば、一生彼氏ができないような人ではないのです。

男女の出会ってセックスするまでに、恋人ができないアラサーの処女であることや童貞であることは言わなければわからないことです。

まずは、彼氏がピュアな気持ちで欲しいのであれば女性はバージンよりも先にそういった恥ずかしいという気持ちや、やらみそで交際経験が少ないという劣等感を捨てることが最優先です。

処女かどうかよりも愛し合えたかどうかが男性の心理としては大切です

TOSHIも男性ですし、処女ともセックスをしたことがありますが、それに対して優越感に浸ったことや征服感を得たことはありません。

やらみその女性もそうかもしれませんが、それは、交際経験がなかった時のたった一回だけのことで次に彼氏とセックスをした時には関係なくなってしまうのです。

現在、処女の女性は年齢によっては気にするのかもしれませんが、男性との恋愛はその瞬間しか気にならないというのが本音です。

たまにあの子の処女を奪ってやった的な発言をしているダサイ男がいますが、そんなのは全く意味がないことです。

そしてエッチは一回だけでは、彼氏との愛を判断する事はできません。

バージンを捨てる事よりも優先するべきこととは

何回も相手の気持ちを考えながら繰り返して愛し合っていくことで、より社会人はお互いのことを理解していくのです。

TOSHIもそうでしたが、童貞を卒業したり処女に価値を見出しているうちは、まだまだお子様なのです。

日本だけでなく海外でも処女膜再生の手術を受ける女性は沢山います。

彼氏が出来ても処女であることを結婚するまで貫き通しているような国や文化もあります。

ただ、日本において今の時代に交際経験がない独身の40代の彼氏が欲しい処女でなければいけないだとか、恋人も含めて出会いがない経験人数が少ない方が良いと言っているような器の小さい男はこちらからゴメンナサイです。

誰でもいいからとにかく早く処女を捨てたい

男性ならとにかく誰でもいいから早く処女を捨てたくて仕方がないという女性は注意しなくてはいけないのは、性病やエイズです。

たった一回でも感染してしまうことは多くあります。

当然のことながら、妊娠の確率もあることを処女でも知っておきましょう。

もし、誰でもいいからなんて軽率な行為を処女が取って、妊娠や感染をしてしまったらそれこそ一生後悔する事になってしまうでしょう。

まずは、そういった意味で安全な男性を選ぶべきですし、そういったマナーやエチケットを守れるパートナーを選ぶようにしましょう。

実際にヤラミソの処女は焦って失敗することも

30代で処女の所謂ヤラミソは、とにかく誰でもいいから男性とエッチを経験したいと焦っています。

しかし、そういった気持ちは異性からしてみれば多少、重たく感じてしまう部分もあります。

もちろん相手にそれを突当てる必要はありませんし、そういった雰囲気になるまで隠しておいても良いでしょう。

30代で一回もラブホテルに行った事がないという女性は実は沢山いますし、それは処女でなくてもいます。

今はコンパなども行われる場所ですので、興味本位で行きたいと誘ってみるのもけして悪いことではないでしょう。

このページの先頭へ