イメージ画像

実家暮らしの男は彼氏にしやすい?がマザコンが多い

実家暮らしの女性と、一人暮らしの女性を比較すれば圧倒的に後者の方が彼氏がすぐにでも欲しいという希望を叶えやすいでしょう。

当然のことながら、TOSHIの様な男性は何を考えるかと言うと、エッチをする際にホテル代が掛からないということです。

これは20代の男性にとってはかなり大きい部分ですし、やはり逢ってセックスする場所が常にあるというのは恋愛にも繋がりやすいので一人暮らしの女性は魅力的です。

もちろん家賃的にも普通の1Kや1DKのマンションやアパートで充分でしょう。

一人暮らしでも彼氏が泊まりに来る回数は制限すべき

しかし、一人暮らしの女性にメリットを見出して寄ってくる男性はTOSHIの過去の経験から言うと経済的に自立できていない人が多いことも特徴です。

また、実家暮らしの男性は一人暮らしの女性は彼氏にしやすいというメリットが多いのですが、割合的にマザコンである可能性もかなり高いです。

そうなってくると同じ女性として常に母親と比較されてしまいますので、出会いがない社会人になると、こういう男はいくら彼氏が欲しいとは言えかなり面倒臭いのです。

ご飯を作っても味を、昔の恋人と比較されるのです。

20歳を超えても未だに実家暮らしの男性は、一人暮らしの彼氏が寂しくて欲しい女性は割と落としやすいですが、必然的に母親の影がちらつく傾向にあります。

安全やセキュリティのためにも一人暮らしは彼氏の存在が必要

今ははっきり言って何があるかわからない時代で物騒な世の中です。

一人暮らしを女性がする際には、セキュリティや安全面も心配になるでしょう。

やはり、第三者から身の安全を守るためには彼氏と言う男性の存在が重要になります。

ストーカーや痴漢などの対策としても一人暮らしの女性は、彼氏が居ると怖さも半減するでしょう。

男の気配がした方が一人暮らしは安全か?

ただ、恋愛もなく一人で眠るのが寂しい、彼氏がただ純粋に欲しいという思いが先走って焦ってしまうことは危険です。

その理由は、TOSHIもそうでしたが一度でも男性は女性の一人暮らしの女性の家に入ると、それだけで女性を自分の恋人にしたような気持ちになるからです。

当然、付き合う気はなかったとしても一回でも一人暮らしの家に入れてしまえば男性は勘違いしてしまいます。

今、世の中で起きている物騒な事件はこういう勘違いから起きていることも沢山あるのです。

一人暮らしで寂しいからと言って彼氏が欲しい女性が隙を見せてしまうことは心配です。

TOSHIは交際する前でもお泊りは繰り返した方が良いと思います。

必然的にそうなるかもしれませんが、注意しなくてはいけないのは警戒心も忘れない事で、赤の他人であることを意識した方が、彼氏が本当に造りたい状態で今すぐに欲しいなら社会人の出会いがない女性の一人暮らしは良いでしょう。

一人暮らしの女性の家に彼氏が転がり込む悪いパターン

TOSHIはこれまでに女性の一人暮らしの家に彼氏が転がり込んでいるパターンで、男性がお金に困っていないパターンを見たことがありません。

ほとんどの場合、彼氏は実家暮らしなのにお金がなかったり、一人暮らしでもグレードの低い家賃の安いような社会人でもアパートに住んでいたりします。

要は、恋人でなくても女性が現在住んでいる一人暮らしの家の方が住み心地が良いのです。

もちろん、そんな彼氏を好きでいるのであれば問題はありませんが、TOSHIが今まで見てきたパターンでは八割近くが、このまま世間的にはヒモのような状態になっていきます。

彼氏をヒモにしないように一人暮らしは注意

週に一回、彼氏がお泊りをする程度ならまだ許せますが、週三日以上お泊りをするようになったらその男性は黄色信号です。

ただし、それでも関係が上手くいっているのであればそれは恋愛の一つの形であるので、誰にも否定できる事ではありません。

ただ、TOSHIが今まで見てきた数々の恋愛のパターンの中では、彼氏が女性の一人暮らしに転がり込んでいるパターンは総じて経済的に厳しい男性がほとんどです。

また、それが20代後半から30代以上の男性であるならば、そもそも彼女の一人暮らしの家に住みつくという行為自体を恥ずかしいと感じられていない、自立できていない人ですので彼氏が欲しい場合も出会いがないと焦らずに注意したほうが良いでしょう。

イベント時に一人暮らしの彼氏なしは孤独感が強い

台風や大雪などの日は一人暮らしで心配してくれる彼氏が居ないとかなり寂しくなり不安にもなります。

もちろんイベント時は当然ですが、そうでなくても停電があったり近くに不審者が泡われたりする事件が起きた時などはやはり男性がいると心強いものです。

また誰も居ない真っ暗な家に帰るのはどうしても悲しい気持ちになりますし、たまには誰かにお帰りと言う言葉を言って貰いたくなるものです。

30代や40代の女性で一人暮らしのためにマンションなどを購入するケースもかなりありますが、損得ではなくまだあきらめるのは早いのではないでしょうか。

バレンタインやクリスマスに家で一人で過ごすのは切ない

特に冬の寒い時期のクリスマスや年末年始、バレンタインやホワイトデーを一人暮らしが家で過ごすのはかなり孤独感があり、本当に彼氏ができないことを寂しく思い切なくなります。

また人肌が恋しくなる時期でもありますし、仕事から家に帰って寒い部屋に入るのは慣れても辛いものです。

コタツに入ってテレビを見ながらスマホを弄って誰からもいいねを押されないので投稿を辞めてしまったSNSを眺めているのはかなりきついでしょう。

このページの先頭へ